婚活

そろそろ、親もうるさいし、回りの友達もドンドン結婚していって焦っています。
ないにあせっているかというと結婚です。

でも、なんか婚活とかしたくない。
もっと自然に出会って、恋愛してプロポーズされたい。
それで、結婚が理想なんです。

って話していたら、
「そんな小学生みたいなこと言っていたら一生、独身だし」って言われてしましました。

婚活するって、結婚相談所とかに通うのでしょうか?
雑誌や新聞によく載っているオーネットの結婚チャンステストとかを、やるのでしょうか?

結婚って、そもそも、メンバー間の夫婦の絆を作成する社会的な機関です。
そして、結婚は、社会的に法的介して、または税関の方法のいずれかによって、認識されている。結婚は配偶者との間で確立し、また、義務と権利のこれらのシリーズの原点の家族の間で、多くの場合、各会社によって異なり法律によって設定されます。

同様に、結婚は、既存の親族システムの規則の下で、そのメンバーの生まれや養子の親子関係を正当化するもので、非常に広範な機関として、世界的にはないがユニバーサル·結婚の定義は様々な分野の問題である。西洋法の観点から、結婚は家族を構成することを意図している二人の労働組合です。最近まで定義の不可欠な要素と考えられていた両当事者が反対の性別でなければなりませんでしたが、最近ではこの項目は同じ間、いくつかの法域で、結婚オープニングモデレーションのためになっているという事実セックス。

結婚は宗教や法制度に応じて、市民や宗教とすることができ、、結婚の権利、義務および要件は異なります。
しかし、すべての企業が民事婚と宗教の結婚の間に区別をしていない。この区別は、唯一の状態は、その力の一つとして結婚の認識を集めているこれらのコンテキスト内に存在することができます。いくつかの西欧諸国では民事婚は、比較的最近まで認識されませんでした。例えば、チリは2393年法の下で、1888年からそう1884.3アルゼンチン、以来認識されている。一部の州では、市民の結婚は宗教的な規則の下で行われる夫婦の労働組合を認識しない採用している、他の人は民事婚と同等の法的に有効なオプションとして認識。これとは対照的に、宗教はしばしばその戒律に従って婚姻組合の一形態として民事婚を認識しません。

なんて考えているうちは、結婚できないかも…